真空注型 〜注型品ができあがるまで〜

 

もとになるマスターモデルを用意します。


 

マスターモデルを枠型にセットして、シリコンを流し入れます。


 

シリコンが固まったら分割して、マスターモデルを取り出します。


 

分割した型を組み立て、樹脂を注入します。
(実際は真空注型器の中で行います)


 

オーブンにて加熱します。
樹脂硬化後、製品を型から取り出します。


 

バリ取りなどの仕上げをしたらできあがりです。


ページのトップへ戻る